読み終わりました

1月16日のブログに

中断していた「罪と罰」を読むぞ~

と書きましたが・・・

読み終わりました~~(嬉)。


罪と罰〈下〉 (新潮文庫)罪と罰〈下〉 (新潮文庫)
(1987/06)
ドストエフスキー

商品詳細を見る


上、下 あわせて 文庫本で1000ページ近い大作。

上巻は 本当に 暗くて重いシーンがあって
気分が沈みましたが
下巻は読みやすかったです。
・・・比較的・・・(苦笑)。

いやあ~~~~とにかく

読んでいて困ったのが

登場人物の名前が難しい!

えええ・・・と・・・この人、だれだったっけ???

とショッチュウ 頭が混乱。

それさえ克服できれば問題ありません。

「カラマーゾフの兄弟」を読み終えたときもそうでしたが
ラスト 読み終えたとき
一抹の寂しさが・・・。

やっぱりわたし、ドストエフスキーって
好きみたいです。

とはいえ、しばらくは
重厚な本はお休みしようと思います(^^;)。

また間をおいて 何かに挑戦しようかと。


Comment

あすか | URL | 2012.03.08 07:28
くりさん
あんたは 偉い! ですね。
私にはもうそんなむつかしい本は脳が疲れて・・・!(^^)!
しかし若いうちから挑戦するその気持ちを大切にしてください。
まずは完読おめでとうございます。
ぶたころ | URL | 2012.03.08 08:18
頑張りましたね~。(≧▽≦)/

私、あちらの小説はたいてい挫折してしまいます。
登場人物が多いのも、誰が誰だか解らなくなって途中で投げ出したくなりますね~。
ロシアのものではありませんけど、私今挫折中のものが、映画化で話題になっている「ミレニアム」これもま~~~~~登場人物が多くて、名前も訳のわからない名前なのでずっと挫折しています。




country walker | URL | 2012.03.08 10:47
長い小説、面白ければどんどん進みますが、それほどでもない場合は殆ど挫折です。
時代小説が好きなので今は吉川英治の「新平家物語」を読んでします。大河ドラマと合わせて読んでおりますが全12巻と長いので今年中に読めばいいかな・・・と考えているところです。
何しろ昔購入した本なので文字が小さく、老眼には些か読み難いのが難点です。
くり | URL | 2012.03.08 15:52
あすかさま

ありがとうございます~。

最近あまり人に褒めてもらうことなんてないので
あすかさんに「偉い!」なんて言っていただくと
嬉しいです~(^^ゞ。

以前一度 挫折しているので
今回は完読できて嬉しいです♪。

最近は 基本 軽いエッセイが好きですが
やっぱりたまにはこんな本もいいものですね~。
読み終わってしまって ちょっと寂しいです~。

ぶたころさま

頑張りました~(笑)。

わたしも今まで 「名作」とよばれるものはけっこう挫折しているのですが
ドストエフさんとは 意外と相性がよいようで
「カラマーゾフの兄弟」も「罪と罰」も
興味深く読むことができました。
(「カラマーゾフ~」はラストで涙が出ました)

しっかし・・・ロシアの名前は 本当に名前が難しくて
その点が大変。
登場人物が多い上に お互い勝手に(?)愛称で呼んだりするものだから
何がなんやら・・・(苦笑)。

途中でメゲそうになって
ネットで登場人物の簡単な相関図を作ってくれているサイトをみつけて
参考にさせてもらいました。
(ちょっとネタバレしてあったのが残念でしたが(汗)・・・助かりました)

coutry walkerさま

昔の本って すご~~く字が小さいですよね~。

わたしも「カラマーゾフの兄弟」は 古本屋で何十年も前に発刊されたものをゲットして読んだのですが・・・本当に字が小さかったです~。
(訳もよりいっそう難解だったような・・・)

country walkerさんは歴史ものがお好きですか~!
昔 大河ドラマの「独眼竜政宗」にハマッて
伊達政宗の本(5巻セット)をせっせと読んだのを思い出しました。
また 久々に 読み返してみたくなりました。
こんど車で実家にもどった時に
連れて帰ろうかな・・・。

長編小説って 読んだ後になんともいえない充実感があって
いいですよね~。
はなまりん | URL | 2012.03.08 20:00 | Edit
 素晴らしい読破・・ 充実感ありますよね
でもでも 凄い 外国物は名前がごっちゃになって それ本当によくわかります
私昨年末から 未だ飽きずに 韓国歴史TVから始まり 今では朝廷の歴史本に至っています しかし・・・・ 名前がもうごっちゃになって あれ なんだっけ???
毎回その繰り返しです くりちゃん今度 ロシアのクラッシック音楽楽しまれてください
本と重なるところがありますので・・・
くり | URL | 2012.03.08 21:46
ありがとうございます。
無事に読破することが出来ました~(^^)。

外国モノの名前、本当に苦労しますよね~~(汗)。

はなまりんさんも 韓国のイロイロを楽しまれているのですね(^^)。
楽しいと思える 熱中できるモノがあるというのは
幸せですよね。
でも
韓国の名前も 難しそうです・・・(^^;)

ロシアのクラシック・・・というと
ショスタコビッチしか思い浮かびませんでした~。

今 曲名やメロディーは思い出せませんが
「ショスタコビッチって好きだな」
と思った記憶はあります~。
(クラシックって 曲名とメロディーがまったく一致してません(^^;))

なるほど ロシア音楽もロシア文学と重なるところがあるのですね~。

ipodにショスタコビッチの曲が入っていたと思いますので
また 聴いてみますね。
Comment Form
公開設定

プロフィール

くり

Author:くり

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター