読みました

これも9月中に読んだ本です。

古いネタで申し訳ないですが
記録として残しておきたいので
記事にします~~~。

「倍返しだ!」で有名になった半沢直樹の原作者、池井戸さんの作品。

初めて読みました~。
(半沢直樹は、原作読んでません。
わたしにしてはめずらしくドラマは見ました。)


下町ロケット下町ロケット
(2010/11/24)
池井戸 潤

商品詳細を見る


さくさく、読めました~。
気楽に読めてなかなかよかったです。


「辞書」というものが昔からなぜか好きなんですが
こんな風に愛情をこめて作られてるんだんなあ・・・
と思うと、とても嬉しくなりました。

けっこうサラリと描かれていて
こちらも読みやすかったです。


舟を編む舟を編む
(2014/04/18)
三浦 しをん

商品詳細を見る

Comment

keiko | URL | 2014.10.25 06:46
池井戸さんの「下町ロケット」は、出版当時から評判の小説ですね。私もいつか読んでみたいと思っていました。

舟を編むは読みました。映画も観ました。
加藤剛さんの遺作になった映画ですね。
辞書を作る過程…まさに「編む」だと思いました。
網目ひとつ違えても形にならない。ほどけてしまう。
ため息が出ますね。

グアテマラ・・・はやっと期日内に読み終えて図書館に返却しました。
リズミカルな文章でサクサク読めましたよ。笑

グアテマラ、弟と
表題はそうなっていますが、これは片桐はいりさん版「父の詫び状」
家族の歴史を綴ったものだと思いました。
食へのこだわりが強かったというお父様。それに応えたお母様に
興味を持ちました。

くりさん
大丈夫?
くり | URL | 2014.10.25 12:59
>keikoさま

下町ロケット、
気持ちのいいお話でした!
気楽に楽しめました~。

船を編む、映画は見てないです。
映画も見てみようかな。

紙の質感にも、ものすごくこだわりを持って作られてるんだと思うと、感動します。

そういえば、子どもの頃、辞書を特に目的もなくパラパラめくるのが好きでした(笑)。



グアテマラ・・・家族の在り方は、いろいろだなあ・・・と思いました。
日本とは全く違う文化のグアテマラの生活にも
興味が。
色々大変そうなので
外国に住みたい・・・とは思わないんですけど
(日本が好きですし)
むかしから外国の生活に憧れる私です(^^;)

ありがとうございます。

ちょっとここ数日、久しぶりにメンタル的に
イッパイイッパイでしたが
とりあえず、数日前よりは、落ち着きました~~(^^;)。

最近、数秒前まではケロッとしてたのに
突然、気持ちがど~~~んと深い穴に落ちたみたいに
沈む感覚を初体験。

その感じが、何度か続いたので

初めての感覚で動揺してしまいましたが
今はとりあえず浮上してます~~。

いよいよ、なんか無理そうだったら
大人しく病院行きます・・・(苦笑)。

今まで、自力で不調をやりすごしてきましたが
そろそろお薬に頼ってもいいころなのかなあ・・・
と迷い中なのでした・・・。


あすか | URL | 2014.10.26 07:27
本が映画化されると監督の想いがスクリーンに描かれ、観客は(TVドラマも同じ)一方的に押し付けられてしまいがちですが原作本は読んでいるひとの判断や作者の思いが如実に読み取れますので私は原作本が好きです。
くり | URL | 2014.10.26 09:47
>あすかさま

わかります~~!

わたしも、映画の原作が有名ま本であるなら
映画を観る前に本を読みたいです。

半沢直樹は、めずらしくドラマから入りましたが
ドラマも同じです。

TVドラマや映画は、
独自の脚本でがんばって欲しいです~~(苦笑)。
Comment Form
公開設定

プロフィール

くり

Author:くり

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター