読みました

♪今年読んだ本の記録は、
今年のうちに~~~

というわけで・・・

遠藤周作・・・名前はとてもよく知っていますが
よく考えたら、作品1冊も読んだことないです・・・。

もちろん、エッセイもお初。


自分づくり―自分をどう愛するか“生き方編” それぞれの“私”にある16の方法自分づくり―自分をどう愛するか“生き方編” それぞれの“私”にある16の方法
(2003/09)
遠藤 周作

商品詳細を見る



ちょっと幸福論ちょっと幸福論
(2009/09/26)
遠藤 周作

商品詳細を見る


かなり前に書かれたものなので
内容に時代を感じる面もありますが
語り口が軽妙で
すらすら読めました。



神去なあなあ日常 (徳間文庫)神去なあなあ日常 (徳間文庫)
(2012/09/07)
三浦 しをん

商品詳細を見る


これは、とっても読みやすかったです。
読み終わるのが寂しいな・・・もっと読んでいたいな・・・
と思った、めずらしい作品。

続編もあるようなので、ぜひ、読んでみたいです。


と、いうわけで、今年の読書は
これでとりあえず、おしまい(笑)。

いや~~~今年は、本当に久しぶりに
たくさん本を読んだ年でした。

読みました

現在、マンションにもどっていますが
これは実家で読んだもの。




あかんべえ〈上〉 (新潮文庫)あかんべえ〈上〉 (新潮文庫)
(2006/12/22)
宮部 みゆき

商品詳細を見る



あかんべえ〈下〉 (新潮文庫)あかんべえ〈下〉 (新潮文庫)
(2006/12/22)
宮部 みゆき

商品詳細を見る



ばりばり幽霊が絡んでくるお話なので
心霊モノが大の苦手な私はドキドキしたがら読み始めたのですが
全然、問題なかったです!

今までわたしが読んだ、(数少ない)宮部作品の中で
一番好きです。

読みました

宮本輝氏の作品。



水のかたち 上水のかたち 上
(2012/09/26)
宮本 輝

商品詳細を見る



水のかたち 下水のかたち 下
(2012/09/26)
宮本 輝

商品詳細を見る


今回の作品は、重くありません(笑)。
比較的サクサク読めました。

そこが、ちょっとモノ足りないような気にもなりましたが(笑)
長編なので、読み終わった~! という満足感はあります。



続いて、以前紹介した
「カラスの親指」と同じ作者さんの作品。



ラットマンラットマン
(2008/01/22)
道尾 秀介

商品詳細を見る


「カラスの~」よりは重い雰囲気を持った作品ですが
読後感は悪くないです。

それにしても、この作者さんは、独特の味がありますね~~~!。
好き嫌いは別れそうですが・・・。

「カラスの~」を読んだときは、素直に「面白い!」と思いましたが
今回は、若干複雑(^^;)。

いや・・・面白かったのだけど~~~~・・・・

なんかちょっと・・・っていう・・・。

・・・面白かったんですけどね・・・(どっちだ(笑))


とか言いつつ、他の作品もやっぱり読んでみたいかも。


うれし くやし

マンションにもどっております。

昨日、予約していた病院の検診に行ってきたのですが
家を出るとき、ちょうど雨が降り始めました。
(10時ごろ)

検診を無事に終え、
さて帰ろう・・・と思ったら、
置いてた場所に傘がない。

ない、ない、ない。

外を見たら、ものすっごい土砂降り。

やられた~~~。持ってかれた~~。

でもですね、
こんなことがあるような気がして
わたくし、さしていった傘の他に
折りたたみ傘もかばんに入れてたんですよ。

なので、なんとか濡れることなく
お家に帰ることができたのでした。

たまたま、イヤな予感がして余分の傘持ってたからいいようなものの、
なかったらこの寒空の下、
土砂降りにうたれながら15分歩かなくてはいけないところでした。

なんだか、ムショ~に腹が立ちますね~(--)。

土砂降りの日に他人の傘を持っていくなんて
サイテ~です。



まあ、でも、

なんとなくそんなことになりそうな気がして
折りたたみ傘をカバンに入れた朝のわたし、
よくやった~~っ!と心から思ったのでした・・・(苦笑)。




oohasi.jpg


(いつもかわいい、オオハシさん)

ぶひ

今、例によって地元に帰ってるのですが

いつものように、近所の本屋さんに行こうと
歩いていると

ふと、目を向けたいたって普通のお家の庭の玄関前に
100kgはあろうかという
ピンク色の大きなブタさんがいました。

・・・・・?

・・・・庭にブタ?

い…生きてる??

置物??




頭の中は?マークでいっぱいに。

よく見ると、そのピンクのブタさん。

玄関のドアに顔を密着させて

「ぶっ・・・・ぶっ・・・・」

とないてました。



あ・・・生きてた・・・・(笑)。


まさに、「家に入れておくれよ」と訴えてる感じ。


それにしても、
ペット用のミニブタではなく

よくTVの養豚場で見るような
ピンクのでっっかいブタさんが
ふつ~~の民家の玄関先にいる光景というのは

ほんとう~~~にビックリでしたよ~~~。




ちゃんと、お家に入れてもらえたかな(笑)。



menfukurou.jpg

(こちらは、メンフクロウさん)

プロフィール

くり

Author:くり

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター